はちみつの美容効果

はちみつは美容の上で役立つ成分や効果をたくさん持っています。一番に上げられるのが保湿効果です。空気中の水分を取り込む吸湿性があるため、高い保湿効果を発揮します。また、成分としてビタミンB群やビタミンC、銅や鉄分を豊富に含みますがこれらは肌荒れを抑えたり、貧血の防止をする作用があるため美しい肌を作るのに有効です。特に蜂蜜に含まれるビタミンのほとんどは活性型なので不活性型であるサプリメントより効果が高いとされます。パックなどの材料に使うほか、ピーリング効果のあるクレンジングなどに用いる事もあります。

はちみつの健康効果

整腸作用

はちみつはお腹の乳酸菌などの善玉菌を増やすため整腸作用が期待出来ます。慢性の下痢や便秘などの改善が期待出来ます。

殺菌作用

古代では傷口にはちみつを塗る事で雑菌の繁殖を押さえて化膿させない効果があるとして医療にも使われていました。現代でも医療機関が傷の処置に使用する事もあるようです。家庭での使い方としてはのどが炎症を起こして痛い時などにはちみつを食べる事で症状を緩和する事もできます。

高血圧予防

はちみつには塩分の排出作用のあるカリウムが含まれています。そのため、摂取することで血圧を下げる効果が期待できます。

はちみつの効果的な食べ方

食べる量

栄養が豊富な食品ですが、忘れてはいけないのがはちみつが「糖」である事です。はちみつの主成分は「ブドウ糖」のため、過剰に摂取すると中性脂肪の原料となってしまいます。はちみつは砂糖の2/3程のカロリーでかつ、同じ量での甘さが1.3倍ありますので、砂糖の代わりに使うなどすると一日のカロリーも押さえる事ができます。目安としては一日スプーン数杯程度にしておくのが安全です。

食べるタイミング

整腸効果を期待する場合は朝、ヨーグルトにはちみつを入れて食べる事で整腸効果のアップが期待出来ます。
疲労回復や美容効果を狙いたい人は寝る一時間ほど前にスプーン一杯ほど食べると安眠できる効果が得られるようです。