高血圧の自覚症状とは?

さまざまな病気のリスクを高める高血圧ですが実は初めの段階ではほとんど自覚症状がなく、なっていることに気づきにくいのが特徴です。何気なく過ごすのではなく、普段の生活の中に次のような症状がないか意識してチェックしてみましょう!

・頭痛
・肩こり
・耳鳴り
・しびれ
・目まい
・むくみ
・動悸
・胸の痛み
・呼吸の乱れ

動悸や胸の痛み、呼吸がしにくいなど症状が出ている場合は高血圧がかなり進行している可能性があります。心当たりがある人は早めの対策や受診をお勧めします。

高血圧でなりやすい病気

生活に支障がないからと言って高血圧を放っておくと、命のかかわる病気のリスクも高まるんですよ。特に心臓や脳への負担が大きくなり、次のような病気になりやすくなります。

心筋梗塞

動脈がふさがり、心臓に血液が流れなくなってしまった状態を言います。症状には胸の激痛、呼吸困難、冷や汗や吐き気などが挙げられます。

狭心症

動脈がふさがる一歩手前の状態です。血管が狭くなって血液の流れが悪くなり、胸の痛みや圧迫感が一時的に起こるなどの症状が見られます。

脳梗塞

脳や首の血液の流れが悪くなり、突然の発作、意識障害、視覚障害などの症状が現れやすくなります。

高血圧が進むと上記のような病気のリスクが高くなってしまいます。胸の痛みなど今までなかった症状が少しでも見られる場合は注意が必要です。また食生活の乱れや運動不足などが続いているという人はすでに高血圧になっているかもしれません。大きな病気になる前に生活習慣を見直しましょう。

次のページ