公認会計士とはどんな職業なのか

業務内容

公認会計士の主な業務はなんといっても「監査」です。つまり税理士のように法人や個人の会計に関する相談にのる側でなく、第三者的立場で、法人や個人の会計が正しくなされているかをチェックする側です。またその専門性の高さから中小企業支援や事業再生業務などの「コンサルティング」的仕事をすることもあります。

職場

主な職場は監査法人や会計事務所ですが、一般企業や地方公共団体、各省庁に勤務することもあります。独立し、個人の会計事務所を立ち上げることも可能です。

公認会計士の年収は

平均年収

平成27年度厚生労働省賃金統計調査によると、以下の通りです。
・1000人以上規模で年収926万円
・100~999人以下規模で年収1001万円位
・10人以上規模で年収690万円
これらはあくまでも平均ですが、規模によって賃金に差があるのは一般企業と同じです。この金額から考えられる月収は50~60万円で、そこにボーナスが加わり上記の年収となります。

サラリーマンとの年収比較

一般的サラリーマンと比較すると、日本の大企業の平均年収が600万に対し公認会計士の平均年収は800万円以上なので、サラリーマンより年収は高めといえます。社会人1年目から大手監査法人に就職できた場合、初任給で年収が500万円を超えることもあり、高収入な職種といえるでしょう。

短期雇用の場合の時給

参考までに、パートやアルバイトの短期で雇用された場合については、時給1000円〜2500円ほどになります。専門性の高い資格を取得しているメリットですね。