公認会計士と税理士の違い

業務内容

公認会計士:監査業務です。その内容は企業が作成した財務関係書類が適正であるかどうかを公平な立場で評価することです。監査を受ける義務があるのは資本金5億円以上もしくは負債が200億円以上の会社なので、クライアントは大企業になります。

税理士:納税者の代理として、税務関係書類を作成し、申告します。もちろん税に関する相談にものります。経営者側に寄り添った立場に立つところが公認会計士とは違うところです。クライアントは個人や中小企業、ベンチャー企業などの規模になります。

年収

公認会計士:監査法人に就職した場合、働き盛りの年収は1000万円程度。税理士と同じく独立する場合もあるが、この年収の高さのためか独立する割合が税理士ほど高くない。

税理士:税理士法人に就職した場合、働き盛りの年収は500万円程度。しかし独立すればその金額は跳ね上がる可能性も高い。

公認会計士と税理士、どちらを選ぶか

付き合うクライアントが違います

どちらの資格も独立して事業を営んだ場合、税理士は、クライアントが個人から中小企業、ベンチャー企業まで幅広いので、独立してもクライアントを見つけられる可能性が高いです。一方、公認会計士が監査業務を独立して行う場合は、監査が必要な企業に限られるので大企業相手となり、よほどの経験や人脈がないと独立はできません。

公認会計士は税理士にもなれる

公認会計士であれば税務業務もできますので、幅広いクライアントを得るため「税理士」と看板を掲げることはよくあります。どちらも名乗れるという点では「大は小を兼ねる」的に考えると公認会計士を目指す方がよいと思われます。ただし受験科目はより多くなりますから、そこを越えられるのならばですが。